60

園長日記

60

私の年齢ではありません。幼稚園の60周年です。
セレモニーなどを行う予定はありません。60年続いているという喜びはありますが、60年のうちの1年です。
正月だって、誰かが正月と決めただけで、連続している日の一つに過ぎません。
とはいえ、それでは、あまりにも味気ないですかね・・・?
なので、60年続いている喜びを表す意味で、ちょっとは何かしらをしようかなとは思っています。もししたときは、日記でお知らせします。

今日は「エイプリルフール」ですね。
エイプリルフールはジョークでしょうが、このご時世、ジョークでは済まされない嘘ばかり。政治、経済、医学・・・、ありとあらゆることに嘘が蔓延っています。
むしろ、「エイプリルクレバー」にした方がいいんじゃないかとさえ思ってしまいます。
年に一度でも正直に話す日を作ったら、少しは世の中が明るくなるかもしれません。

地上波ではないですが、世界的に話題になっているらしいイギリス小説が原作のドラマにはまっています。西暦1500年代の日本が舞台です。R15指定で、おどろおどろしい作品なので好みは分かれるでしょうが、渦巻く様々な思惑が現代のそれと通じるものがあり、何時の時代も変わらないのだなと、とても考えさせられます。
話題になっている理由は、作品だけではなく、俳優達の演技力にもあるようです。特に主役は、その魅力にどんどん引き込まれていきます。
最近は、似たり寄ったりなものが多く、ドラマそのものに期待しなくなっていましたが、久しぶりに見たいと思える作品です。