お泊まり保育

園長日記

お泊まり保育

昨日は就寝時間の絵本の読み聞かせで、「まだ眠くない」といいながら、いざ電気が消えると、けっこうあっさりと眠る子も多かったです。

朝食は、みそ汁と漬け物です。漬け物は、最近私がはまっている「ぬか漬け」。ど定番のキュウリをご飯の横に沿えて食べてもらいました。食べない子がいるだろうなと思いましたが、野菜嫌いの子が真っ先に食べたり、おかわりする子もいるなど、みんな食べてくれて嬉しかったです。

迎えに来られたお母さん方、どなたも本当に嬉しそうにされていたのが印象的でした。毎年のことですが、本当にたった一晩で子どもたちに変化がみられたからでしょう。
親が見守ってあげるだけで、子ども達はどんどん成長してくれることの証がこのお泊まり保育なのでしょうね。
送り出すときの心配は、取り越し苦労だったでしょう?
子どもってこんなに嬉しい裏切りもしてくれるのですね。

お泊まり保育終了と入れ替わりで、テラスの雨樋工事が始まりました。一回り太い樋を取り付けるのと、勾配を取りなおすことで、詰まりや滞りが解消するはずです。