晴れ

園長日記

晴れ

  • 年中と年少の園外保育でした。打ち合わせをした日の予報は雨。てるてる坊主を作った子もいたようです。でも晴れました!しかも暑いくらい。30度を超えていました。
  • 雨続きでフラストレーションがたまっていたのでしょうか?みんな思いっきり走り回って・・・。昼食後もかくれんぼだの鬼ごっこだの、汗まみれで走っていました。帰りのバスは疲れて寝ている子も多かったです。

 

  • 昼食で弁当を食べているとき、ある子の前に蟻などがやってきました。その子は、何も言わず、優しくつまんでシートの外に逃がしてあげたのです。その後も何度か同じシチュエーションになりましたが、その度に優しくつまんでは逃がすのでした。この時期の子は怖がったり、面白がって玩んで潰してしまう子もいて、やめるよう諭すことも多いのですが、その子の行動につい見とれてしまい、逆に、偉いね、優しいねなどと声をかけることすら忘れてしまいました。

 

  • どんなに小さな生き物でも、嫌いな生き物でも、自分と同じ命があります。殺してもいい、殺されて当然の命なんてありません。それを理解しての行動なのかはわかりませんが、おおらかな子どもの様子に、すがすがしさを覚えました。