ヘッダーのカバー画像です。
TOP »園長日記 » » 造形作品解体

造形作品解体

 今日は年長と年少が造形作品の解体作業をしていました。(画像は年長)
 釘抜きを使っての解体は、担任が行っていましたが、抜くのに苦戦していたため、急遽園長の私も加わりました。
 私が、釘抜きとカナヅチを使って次々に抜いていると、子ども達から「やってみたい!」の声。
 釘抜きの扱い方を教えましたが、さすがに片手だけでは力が足りず、両手を使い全体重をかけて抜いていました。ときには勢い余って尻餅をつくことも(笑)
 頭がしっかり打ち込んであるクギは、カナヅチも使いながら釘の頭をすくう必要があります。それについては特に教えていなかったのですが、私がしていたのを見て覚えてしまったのでしょう、ある子が釘抜きを釘にあてがうと、カナヅチを持っている別の子がさっと横に来て、釘抜きの角を絶妙な加減で打っていました。しかも、私が打っていたリズムまで真似ているではありませんか!これには驚きました!